成長の条件は環境にある。

キャリアアップ
新しいキャリアを築こう

4月になり新生活をスタートさせた人たちも多いと思います。
新生活には慣れましたでしょうか?新しい生活が始まるとワクワク、ドキドキ、ハラハラと全てにおいて刺激的でテンションが高めになっているかと思います。

一方、新人を迎えた2〜3年目の方々の中には少々焦りを感じ始めている方もいるかと思います。

スポンサーリンク

新人がやってきた時の先輩の心情

「出来る新人が来た!」
「やる気満々ですごいな」

「それに比べて自分は成長していない…」
この焦りはなでしょうね。
いや、これって結構多くの人たちが感じる部分でもあると思います。2〜3年勤めていて何故だか成長を感じられない人は意外と多く、自分は成長できないダメなやつなんではないかと考えてしまうのです。

成長を実感出来る機会というのは少なく、自分が今、どの位置にいるのかが解りにくことは多々有ります。

身近にいる人からの評価はそう簡単に得られるものではなく、どちらかと言うとダメだしの部分が多いかもしれません。人はそもそも成長した部分を見つけることが不得意だと思います。そして、欠点を見つけ出すことを自然に行います。

そのため、日頃から成長したと評価を受けることや褒められることも少なく、自分がこれまで成長してきたか自信を持てないでいることが多いのです。

スポンサーリンク

成長はできないことが出来ること

私は成長をできないことが出来るようになった時に感じます。
当然と言えばそうなのですが、意外とそれを成長と思わない人がいます。

できないことが出来るっというのはなんでもいいです。入社してすぐ指導担当の先輩から教えられた意味の解らなかった言葉が今ではわかる。
資料を作るたびにミスを繰り返していたのに今ではミスなくスムーズ作れる。
新しい契約が取れるようになってきた。などなど、これまでのことを振り返ってみると結構できないことが出来るようになっているはずです。

人は爆発的に成長することはありません。そう願う人の心も理解できますが、まずありえません。成長は確実に地味に微増して行くものです。

その変化は大きくはなく、自然であるため自分を含めて周囲の人もその成長に気がつかないのです。

しかし、数年ぶりに会う友人や同級生にはその成長は強烈に移り、「すごいね!」と言わることも起こりうるのです。

スポンサーリンク

成長したければ環境を変えろ

それでも、私はもっと成長したいと考えているあなた!

成長したければ環境を変えよう。転職や移動という手もあるけど、今いる場所でも環境を変えることは可能です。

そう、自ら動き環境をどんどん変えていくのです。発言し、提案し、どんどんアウトプットしていくと環境は変わっていきます。周囲からは「どうしたん?」っと聞かれ、煙たがられることもありますが、そんなこと気にせずに動きを止めずに行きましょう。

勘がいい人は気がついたと思いますが。自ら動き始めると圧倒的に成長していきます。これまでの話はなんだったの?と思うほどに。

自ら動くっというのは責任が伴います。これが一番成長する本当の秘訣です。

環境を変えるというのも実際に効果が高いですが、それよりも責任が伴う方がより成長できます。どのような方でも自ら汗をかく人は成長が止まりません。

それは身近にいても感じるものです。


「あー自分って成長してないな〜」と感じる人はそもそも自分で動いていないことの方が多いです。与えられた環境で与えられたことだけを実行しているだけで、それ以外は挑戦していない。そんな環境の成長はやはり遅いです。

繰り返しますが、成長したければ環境を変えよう、それよりも成長したければ自ら動き出していきましょう。

失敗?当然あります。当たり前です。それでもそんなの後悔することに対して比較のしようもありません。後悔は後戻りできません。

やるなら今です。