誰かの頭の中にあなたは存在しているか。プレファランスを意識しろ

選ばれる経営
想起されるビジネスになることが大切

最近、買い物をしましたか?

コンビニでもスーパーでも百貨店でもどこでもいいのですが、多くの人が何か買い物はしていると思います。

 

では、なぜそれを買ったのでしょうか?

同じようなものがある時なぜ今手にしているものを買ったのでしょうか?

これを意識するだけでビジネスは変わります。特にマーケティング担当の人にとってはこれは意識しなければなりません。

想起されるビジネスになることが大切

スポンサーリンク

顧客の頭の中で1番に存在する

マーケティングを担当するマーケッターにとってコンテンツと顧客を結びつける道を作ることは重要な仕事の1つです。

 

いくつかある方法の中でも大切なのは顧客の頭の中に私たちまたは私たちが作るコンテンツが存在していなければなりません。しかも、1番に思い浮かべてもらうことが大切です。

 

マーケッターは顧客の頭の中に常に存在できるように環境を整備していく必要があります。後進的存在である場合は、特に顧客の頭の中に入り込む手段を考えなければなりません。

 

顧客が最初に思い浮かべられる存在になることができれば私たちのサービスは選ばれていきます。しかし、それが2番手や3番手または説明しないと思い出せないというレベルであれば戦況は厳しい状況です。

 

顧客の頭に残るためにはどうするのかをマーケッターは考え抜きこれからの戦いを決めていかなければなりません。