理論を跳ね返すトレーナーと理論武装の理学療法士は仲良くなれないのか?縦の糸と横の糸を織り合わせろ。

スポーツ現場

先日の質問箱で質問を募集しましたら、あるトレーナーが「理学療法士は理論を先に持ち出す」とのことでトレーナーの多くはそうなのか?という趣旨の質問を頂きました。

質問箱はこちら→前兼久の質問箱

「今、指導しているトレーニングはエビデンスがあるんですか?」というトレーニングそのもののの環境を探求したい質問に対して「これまでの経験で出てきた結果からこのトレーニングを指導している。エビデンスや理論を先に出してくる理学療法士は現場のことを理解していない。」というやり取りに対して私の考え方と返答はこちらです。

前兼久
前兼久

こんにちは
最近は少なくなってきたと思いますがやはりまだ存在すると思います。

理論やエビデンスについては現場と研究の溝があることに影響していると考えられます。 エビデンスに関してはバイアスがかからないように限定的な環境で行い出てきたデータの有効性を検証するなど制限された環境で行われる場面が多くそれをそのまま現場に持ち込むと途端に混乱しますよね。

トレーナーの多くが理論やエビデンスを嫌うのはそのためです。そしてもう一つは、その知識についていけないというものもあります。やはり初めての知識や技術は誰しも受け入れがたいことです。また、これまでのやり方で良い結果が出た時もそのやり方に固執して他を寄せ付けない事もあります。 一方、理論やエビデンスを出してくる方は現場について知らない事も多くあります。練習量や求めているパフォーマンスなどです。チームの戦術も同じですね。
トレーナーはこれらの事を理解してトレーニングメニューを組みます。

話をまとめると理論や研究成果をそのまま現場に持ち込むと混乱します。
1番良い方法は、その情報を現場にどのように活かすかとトレーナーが常に考えて知識と技術をアップデートして行く必要があります。 トレーナーと理学療法士はお互いを理解し合えない部分は昔からあります。

現場主義のトレーナー、理論などから入る理論武装の理学療法士。 「事件は会議室で起きてるんじゃない現場で起きているんだ」のようですね。これ知ってますか?知らんかったらすまん。

質問者さんがこれから理学療法士&トレーナーとして現場に出るならばこれからの事を念頭に置き両方のことを理解して進まなければなりません。理論だけでは結果は出せませんがこれからの時代ら理論なくしては成果が出ません。

事件は〜のくだりは無視してもいいのですが、この話題は昔からずっとあるんですよ。

某プロ球団で理学療法士が嫌われていて2度と介入できないようになったという話は私が駆け出しの頃にもありました。

どちらが良い、悪いでシンプルに片付けられないのが今回の話なんですが、現場全体の流れからトレーニングを決めて指導することを求められるトレーナーと一部の場面を切り取りその場面で結果を出すことが求めれられる理学療法士の考えは言わば、縦の糸と横の糸なんですね。

つまりどちらも大切で欠かすことができないのです。エビデンスだけで固めても指導力や計画性がそこには必要になっていきます。いわゆるエビ固めは効果がない場合があるのです。

一方、トレーナーの個々の考えだけで進めてもいいのかというとそうではありません。やはり、そこにはトレーニングの効果が科学的にもデータ的にも補完されていることが望ましいのです。

ただし、エビデンスのあるトレーニングをそのまま使うのはナンセンスな話です。質問の答えにもありますが、そのトレーニングをいつ、どのタイミングで、どれくらいやるかを常に考えてその効果を判断していかなければなりません。

そこには競技別の要素もありますし世代や選手のレベルにもよります。

これはトレーニングそのもののにも言えます。大人がやるトレーニングを子どもたちにそのまま使うのはどうでしょうか?効果が出そうですか?難しいですよね?

そういうことです。

スポンサーリンク

縦の糸と横の糸を織り合わせて行く

大切なのは現場のトレーナーの考えと理論とエビデンスを組み合わせスポーツ現場に活かして行くことが大切になる。

縦の糸と横の糸を織り合わせて行けば知識も指導力も身に付いたトレーナーや理学療法士になる。

理想はこのスタイルだ。どちらが良いとか悪いなんて選手の前では関係ない常に最善を尽くすということがスポーツ現場にも求められることなのだ。

科学的なアプローチを勉強するなら様々な書籍が出ているがこのシリーズは特にオススメだから気になる人はチェックしてな。

ちなみにこの記事は研究者とのやり取りが書いてあるよ。

質問箱はこちら→前兼久の質問箱

質問待っております。